オウンドメディアリクルーティングの3つのメリット【始め方についても解説】
コラム

オウンドメディアリクルーティングの3つのメリット【始め方についても解説】

自社に適した人材を見つけるためには、採用コストが必要になります。

また、多様化した働き方を求める人材に対し、自社の業務内容がマッチングしなければ成功したとはいえません。

そのような人材を自社と結びつけるためには、自社の魅力を発信しながら採用活動ができる「オウンドメディアリクルーティング」がおすすめです。

オウンドメディアリクルーティングとは

オウンドメディアリクルーティングとは、自社が所有するメディアで会社の魅力を発信することで、自社だけではなく働く方にも適した就職活動が行える活動のことです。

オウンドメディアリクルーティングの3つのメリット

オウンドメディアリクルーティングには3つのメリットがあります。

1つ目は、企業の魅力を伝えるために説明会を行うことや、求人を出す必要がなくなるので採用のコストが削減されます。

また求人サイトの場合、一定期間が終わると掲載が終了してしまいますが、オウンドメディアなら経費をかけずに掲載期間を決めることができるのです。

さらに、就職活動を行っていない方に対しても自社の魅力をアプローチすることができるので、幅広い方に自社の存在をアプローチすることができるでしょう。

2つ目は、多様な働き方を求める方にもミスマッチが起こりにくい就職活動が行えることです。

リモートワークや時短勤務など、採用サイトよりも幅広い情報が発信できるので、求人者はライフワークバランスに合った職場であるか確認でき会社への定着率も上がるでしょう。

3つ目は、自社のサイトで会社のメリットやデメリットなどさまざまな情報を発信することができるので、求人者は求める情報を見つけることができます。

そして採用側も、記事の読まれた時間や流入元などを確認することができ、それに基づき改善することでより良い人材を確保することに繋がるのです。

オウンドメディアリクルーティングの始め方

まずオウンドメディアを立ち上げる際には、目的を明確にすることが重要です。

自社の商品やサービスの魅力、その魅力を上げるためにブランディングを行い集客することで、自社の売り上げに繋げていきます。

そのような詳細な情報は、就職活動を行っている方からすれば企業の業務内容や社会的意義・方針を知ることができる場になり、ここで求人を出すことで、オウンドメディアリクルーティングとなるのです。

このようなことをシェアバリューコンテンツともいい、長期的に運営するためには社内の協力が必要であり運営体制を整える必要があることを忘れてはいけません。

まとめ

オウンドメディアリクルーティングは、自社の業務内容や社会的意義を理解してもらったうえで求人を行うことができます。

自社に適した人材を探すことが難しいとされる時代でも、オウンドメディアリクルーティングを利用することで長期にわたりマッチした人材を見つけることができるのです。