オウンドメディアの集客方法【6つの流入経路についても詳しく解説】
コラム

オウンドメディアの集客方法【6つの流入経路についても詳しく解説】

オウンドメディアでは、広告だけに頼らずにさまざまメディアから集客ができるというメリットがあります。

また、広告を継続的に行うには膨大な経費も必要ですが、企業のオウンドメディアなら経費を抑え継続的に集客できる体制をつくることができるのです。

今回はオウンドメディアの集客方法について解説していきます。

オウンドメディアとは

オウンドメディアとは、自社が運営するサイトのことで、商品やサービス・企業の理念などを掲載したブログやコンテンツなどのWebサイトのことです。

オウンドメディアのメリットは、自社のWebサイトを通して見込み客が見込めることとリードを集めることができることにあります。

オウンドメディアの6つの流入経路

オウンドメディアは集客が多様なので、集客のリスクを回避することに繋がります。

では、主な6つのオウンドメディアの流入経路について解説していきます。

・SEO(自然検索)からの流入 ・SNSからの流入 ・Web広告からの流入 ・他社サイトで紹介された自社サイトのリンクの流入 ・メルマガなどのメールからの流入 ・紙媒体からの流入

最も流入があるのはSEOと呼ばれる自然検索からで、ユーザーは何かしらのキーワードを検索し流入してきます。

またSNSは拡散されることもあり、多くの流入が起こることも期待されるのです。

そしてリスティング広告・ディスプレイ広告・SNS広告でも流入が期待できます。

ほかにも、他社の企業が自社のオウンドメディアのURLのリンクを掲載し紹介してくれることや、顧客向けのメルマガやメールに自社のリンクを掲載することでも流入します。

パンフレットや名刺などの紙媒体でも、オウンドメディアのURLやQRコードを記載することも有効です。

集客するためのオウンドメディアをつくる方法

オウンドメディアで集客し購入・利用に繋げるには、ユーザーの目線に立ったコンテンツであるかことが重要です。

自社のターゲットとするユーザーの年齢や職業、そのユーザーが知りたいことや悩みなど詳細に設定してください。

そのユーザーが検索しそうなキーワードを検討し、サジェストキーワードや関連キーワードもあわせて選定していきます。

キーワードが決まったら自社の商品・サービスと照らし合わせ、興味や関心を持ち購入・利用に繋がるように、さまざま情報を提示や比較など細かく段階を踏んでサイトを設計していきます。

そしてオウンドメディアのゴールであるコンバージョンの設定を行い、達成した後もユーザーにとって価値の高いものを提供しユーザービリティを高めてください。

このような購入プロセス(カスタマージャーニー)を踏み、商品やサービスに応じオウンドメディアをじっくりと時間をかけて制作し集客していくのです。

まとめ

今回はオウンドメディアの集客方法について解説してきました。

オウンドメディアでの集客はコストを削減でき、集客のリスク回避も行えます。

そしてオウンドメディアではユーザーの目線に立ちサイトを作り、ゴールに到達した後の価値のあるものを提供し続けユーザービリティを高めることを忘れないでください。