オウンドメディアで成果を出すための運用ポイント3選
コラム

成果を出すための運用ポイント3選

オウンドメディアを確実に運用していくためには、目的とコンバージョンの目安をきちんと定める必要があります。定められていない状態で運用している場合、成果を上げるための運用方法が確立できず失敗にいたる恐れがあります。成果を確実に出すために必要となるポイントを3選紹介します。

1.     運用目的の明確化

「なぜ、オウンドメディアを運用するのか」といった目的を設定することで、目的に応じた課題設定や達成すべき目標が明確になります。反対に目的が定まっていない場合、オウンドメディアは企業にとって価値のないものになりかねません。本来、オウンドメディアとは事業に寄与するものであり、事業が抱える課題を解決するために必要なものでなければなりません。特定のサービスや問い合わせ件数、販売数や新規顧客獲得といった企業課題に貢献するためにも、常に目的を達成することを意識し運用する必要があります。

2. 目指すべき成果の設定

オウンドメディア運用における成果を実現するためには成果を測定することが必要です。問い合わせ数や商品購入数、新規ユーザー数と企業によって異なる目的があります。目的がいかに達成されたのか、設定した指標に合わせて達成した成果数を定期的に測定しましょう。

設定する上で大切なのは、達成数が事業目的に直接結びついているのかどうかという点です。売上や利益の獲得、認知度や信頼度と運営するオウンドメディアの目的につながる成果を得られているか常に意識しましょう。

3. 戦略を定める

ここまでオウンドメディア運用における目的と成果の設定について挙げてきました。最後のポイントとして、設定に到達するための戦略方法の重要性を解説します。

具体的に設計するものとしては、ターゲット、カスタマージャーニーの設計、キーワード設計、コンテンツ設計、コンバージョン設計などがあります。

コンテンツを量産するのではなく、目的と成果に合わせた細かい設計を通して、誰に、何を、どうやってコンテンツを発信するのかという戦略の中でオウンドメディアを運用していくことが大切です。

最後に

オウンドメディアを効率的に使用するためには、目的となる成果をできるだけ短い時間で達成する必要があります。Googleアナリティクスなど分析機能を用いてコンテンツの評価を把握しながら、確実なステップと共にコンバージョンを獲得していきましょう。